[XAMPP,MAMP] PHPの初期設定

[XAMPP,MAMP]-PHPの初期設定
Bookmark this on Delicious
Pocket
Bookmark this on Digg

 

XAMPP、MAMP の初期値を日本語環境向けに設定する。

下記の場所にあるPHPの設定ファイル(php.ini)をテキストエディタで開き、編集する。

XAMPP(Windows)

C:\xampp\php\php.ini

MAMP(Mac)

/Applications/MAMP/conf/php5.6.2/php.ini

文字コード関連

;default_charset = "UTF-8"

先頭のセミコロンを外す。

default_charset = "UTF-8"

;mbstring.language = Japanese

同じく先頭のセミコロンを外す。

mbstring.language = Japanese

;mbstring.internal_encoding = EUC-JP

先頭のセミコロンを外し、UTF-8を指定する。

mbstring.internal_encoding = UTF-8

;mbstring.http_input = auto

先頭のセミコロンを外し、pass を指定する。

mbstring.http_input = pass

;mbstring.http_output = SJIS

先頭のセミコロンを外し、pass を指定する。

mbstring.http_output = pass

sendmail パス

Windows

;sendmail_path = "\"C:\xampp\sendmail\sendmail.exe\" -t"

先頭のセミコロンを外す。

sendmail_path = "\"C:\xampp\sendmail\sendmail.exe\" -t"

sendmail_path="C:\xampp\mailtodisk\mailtodisk.exe"

先頭にセミコロンを追加し、コメントアウトする。

;sendmail_path="C:\xampp\mailtodisk\mailtodisk.exe"

Mac

;sendmail_path =?

先頭のセミコロンを外し、記述を追加する。

メールアドレスは、適当に指定する。

sendmail_path =/usr/sbin/sendmail -t -i -f name@example.com

 

タイムゾーン設定

date.timezone = Europe/Berlin

Asia/Tokyo に設定する。

date.timezone = Asia/Tokyo

 

編集後、変更を保存し、apache を再起動させる。

 

 

Bookmark this on Delicious
Pocket
Bookmark this on Digg

コメントを残す