[Windows開発環境構築]XAMPPのインストールと設定、セキュリティ、使い方、トラブル対処

Bookmark this on Delicious
Pocket
Bookmark this on Digg

 

ローカル環境に開発環境を構築

XAMPPとは?

ローカル上に、Webサーバーやデーターベースを構築し、PHP ,MySQL ,Perlを利用できる環境を簡単に構築できる無料のソフトウェア。

XAMPPやMAMPを導入すると、レンタルサーバーと同じような環境を手元のPCに構築できる。

Windowsだけではなく、Linux や Mac 用もあります。

Macの場合、僕には、XAMPPの設定は難しかったです。
Mac用には、MAMPというものがあり、以前、記事にしました。

MAMPのインストール、設定、使い方 for MacINTERNET HACK | INTERNET HACK.

Webブラウザは、PHPなどを理解できないので、PHPスクリプトを実行できない。

一方、PHPサポート付きのWebサーバは、PHPコードを理解し、スクリプトを実行できる。

そのため、PHP試作などにおいて、実行結果を確認するためには、ローカル上にWebサーバを構築する必要がある。

XAMPPのダウンロード

XAMPP Installers and Downloads for Apache Friends.

Download XAMPP.

XAMPP Installers and Downloads for Apache Friends

 

XAMPPのインストール前の準備

Apache以外のWebサーバーがあれば、XAMPPのインストール前に、アンインストール。

また、以前にPHP,MySQLを単体でインストールしたことがあれば、アンインストール。

これらが、そのままだとXAMPPが動作しない原因の一つとしてなります。

インストーラーを起動

XAMPP インストール

インストールするコンポーネントを選択

XAMPP インストール01

不要なものがあれば、項目のチェックを外す。

インストール先のフォルダの選択

XAMPPのインストール01

インストールの開始

XAMPPのインストール02

XAMPPのインストール03

インストールが始まる。

コントロールパネルを起動

XAMPPのインストール04

「Dou you want to start the Control Panel now?」にチェックが入っていることを確認し、【Finish】ボタンをクリック。

コントロール・パネルが開く。

Apache/MySQLを起動する

XAMPPコントロールパネル

赤く四角で囲んだ【Start】ボタンを、それぞれクリックし、Apache、MySQLを起動させる。

セキュリティソフトなどが、警告を表示してきたら、アクセスを許可する。

XAMPPのコントロールパネル

Apache、MySQLの項目が、それぞれ緑色にハイライトされ、PID(s)とPort(s)に数字が表示される。

・ApacheやMySQLが起動した状態で、[Quit](終了)ボタンを押して、XAMPPコントロールパネルを終了させても、ApacheやMySQLは、終了されない。

ApacheやMySQLを終了させるには、[Stop]ボタンを押す必要がある。

 Apacheが正しく動作していることを確認

Apacheが正しく動作しているかどうかは、XAMPPの管理画面にアクセスすることで確認できる。

XAMPPコントロールパネル02

Apacheの右横の[Admin]ボタンをクリック。

XAMPPの初期画面

XAMPPの初期画面

ブラウザが開き、XAMPPの初期画面が現れる。

この画面は、WebサーバーであるApacheが起動し、[C:¥xampp¥htdocs]のディレクトリが無事公開されていることを示す。

一番右の【日本語】をクリック。

XAMPPのトップページ

図のように、「ようこそ」という画面が表示されれば、Apacheは正しく動作している。

MySQLが正しく動作していることを確認

上の「ようこそ」の画面の左メニューから[phpMyAdmin]リンクをクリック。

localhost localhost phpMyAdmin 4.2.7.1

図のようなphpMyAdmin画面が表示されれば、MySQLは、正しく動作している。

セキュリティの状態を確認する

XAMPPをインストールした直後の状態では、セキュリティは緩めに設定されている。

再び、「ようこそ」の画面の左メニューから、[セキュリティ]リンクをクリックしてみる。

XAMPP:セキュリティ画面

 

理由は、よくわかりませんが、アラビア語のようなページに。

左メニューで、英語にはできたのですが。。。。。

赤が要注意で、薄緑が「不明」です。

MySQLのパスワードを設定する

ネットワークに接続している場合、このままだと、外部から不正にアクセスされてしまう原因にもなるので、これらの項目が[安全]となるように設定する。

上の画面下、青い四角のhttp://localhost/security/xamppsecurity.php のリンクをクリック。

XAMPP MySQLのパスワードの設定

初期状態では、MySQLにおける管理者(root)ユーザーのパスワードは空になっています。

新たにパスワードを入力し、下の【パスワードを変更しました】ボタンをクリック。

上に黒文字で【rootのパスワードが変更されました。設定を有効にするために、MySQLを再起動してください。】と表示されれば、成功。
画面は、遷移しません。
パスワードを入力した【MYSQL 項目: “ROOT” パスワード】の下に上記の文字が現れます。

XAMPPの管理画面のパスワードを設定する

パスワード設定画面の下の【XAMPPのディレクトリ制御 (.htaccess)】で、XAMPPの管理画面にアクセスするためのユーザー名とパスワードを設定する。

ユーザー名/パスワードを入力し、【安全なXAMPPディレクトリを作成してください。】ボタンをクリックする。

【成功: XAMPPのディレクトリ制御が設定されました!全ユーザのデータは、以下のファイルに格納されました:
C:xamppsecurityxampp.users
C:xampphtdocsxampp.htaccess】と表示されればOK。

セキュリティ状態を再確認する

再び、「ようこそ」画面左のメニューから、[セキュリティ]リンクをクリックする。

XAMPP for Windows Security Section

再び、アラビア語のようなページが現れたが、左メニューの一番上をクリックし、英語のページを表示させる。

4つの項目のうち、一番下のUNKNOWN(不明)以外、SECURE(安全)を表示させるこができた。

Apache、MySQLが起動しない場合

1.以前に、単体でApache/MySQLをインストールされていないか確認する。

インストールされていると、正しく起動しない場合がある。

XAMPPをインストールする前に、これらを先にアンインストールする。

2.ポート80を他のサービスが利用していないかどうかを確認する

ポート80

Apacheが通信のため既定で利用している。

具体的には、SkypeやIISなどのサービスが、このポート80を利用する。
これらのサービスが、利用されていれば、停止する。

または、ウイルス対策ソフトで80番のポートが制限されていないか、確認する。

3.ウイルス対策ソフトを停止してから、再度、インストールを試みる。

4.「ユーザーアカウント制御(UAC)」を停止してから、再度、インストールを試みる。

【参照】

Windows TIPS:Windowsのユーザーアカウント制御(UAC)を一時的に無効にする – @IT.

php.iniの設定

  1. 文字コードとしてUTF-8を設定する。
  2. タイムゾーンを設定する。

PHPで日時のデータを扱う場合、タイムゾーンを日本に設定する必要がある。

これらの設定は、PHPの基本設定ファイルであるphp.iniで行う。

メモ帳では、Windows Vista,7では、UTF-8に対応しているが、BOMが付いてしまうので、エラーや警告が現れる場合がある。

なので、UTF-8に対応したテキストエディタを使う。

テキストエディタについては、以前、NAVERでまとめました。
もっと、あると思いますが。

テキストエディタ – NAVER まとめ.

php.iniのある場所

普通にインストールしていれば、[C:¥xampp¥php]にある。

使用するテキストエディタでphp.iniを開く。

XAMPPコントロールパネルから、Apacheの横にある【Config】→【PHP(php.ini)】をクリックすることでもphp.iniを開くことが可能。

php.iniの設定

● 文字コードの設定

「default_charset」などで検索して

;default_charset = "UTF-8"

814行目付近の先頭の[;]を削除する。

これで、Webページに送信される際の文字コードの情報(HTTPヘッダ)のデフォルトが、UTF-8になる。

次に、Japaneseなどで検索し、

;mbstring.language = Japanese

1860行目付近の先頭の[;]を削除する。

これで、デフォルトの言語が、日本語に設定される。

最後に、EUC-JPなどで検索し、

;mbstring.internal_encoding = EUC-JP

1866行目当たりに現れる上の先頭の[;]を削除し、EUC-JPをUTF-8に変更する。

mbstring.internal_encoding = UTF-8

これで、PHPの内部エンコーディングにUTF-8が設定される。

● タイムゾーンを日本に設定

日付・時刻を扱う関数で正しい情報を得るため、タイムゾーンを日本に設定。

timezone などで検索して、1045行目付近の

date.timezone=Europe/Berlin

などとなっているところを、

date.timezone=Asia/Tokyo

に変更。

ここまで終了したら、上書き保存。

Apacheを再起動

Apacheの再起動は、XAMPPコントロールパネルでApacheの[Stop]ボタンをクリックしてから、もう一度、[Start]ボタンをクリックして行う。

Apacheのドキュメントルート

XAMPPを構成するフォルダ

XAMPPをインストールした際、デフォルトでインストールした場合、ドキュメントルート(Webサーバーのルートディレクトリ)は、xamppフォルダの中の[htdocs]フォルダになる。

つまり、通常、ドキュメントルートは、[C:¥xampp¥htdocs]となる。

Apacheのドキュメントルート

FTPソフトでアップロードする代わりに、この場所に、テキストエディタなどで作成したファイルを置いていく。

既にファイルやフォルダは、XAMPPの管理画面を構成するファイルやフォルダである。

XAMPP htdocs Folder

Windowsなら、スタートメニューのXAMPP→XAMPP htdocs folder からでもhtdocsフォルダを開くことができる。

ファイルの動作を確認する

example.phpというファイルをhtdocsフォルダに入れ、そのファイルの動作を確認するには、ブラウザで http://localhost/example.php というアドレスを打ち込む。

何故か、コードハイライトのプラグインが動作してくれず、コードが少し上手く映えませんが、あいすいません。

 

XAMPP を利用し、Webアプリケーションを公開することは、セキュリティ上、大変危険です。

Bookmark this on Delicious
Pocket
Bookmark this on Digg

“[Windows開発環境構築]XAMPPのインストールと設定、セキュリティ、使い方、トラブル対処” への1件の返信

コメントを残す