C言語の基本、基礎

[`yahoo_users` not found]
Delicious にシェア
Pocket
Digg にシェア
[`evernote` not found]

 

C言語とは?
C言語は、小規模で高速なプログラムを作成するのに適したプログラム言語である。

C言語は、速度、スペース、移植性が重要な場合に使われる。

実際にマシンが理解する言語に近い低級な言語である。

C言語は、コンパイラによってマシン語に変換される。

C言語は、コンパイラによってマシン語に変換される。

ソース → コンパイル → 出力

1.ソース

ソースファイルには、人間が理解できるCコードが入力されている。

ソースファイルは、テキストエディタで作成できる。

2.コンパイル

コンパイラは、実行ファイルと呼ばれる新しいファイルを作成する。

3.出力

Cソースファイルの概要

1.通常、Cプログラムは、コメントで始まる。

必須ではないが、そういう習慣であり、コメントがあることを期待される。

コメントは、コードの目的を表わす。

コメントは、[/*]と[*/]の間に書く。

コードの行の始めに、[*] を入れ、見栄えを整えたりする。

2.インクルード部

Cは、外部ライブラリを使い、プログラムを組んでいく。

関連するライブラリのヘッダファイルをインクルードすることで、使用する外部コードをコンパイラに通知する。

最もよく見られるヘッダ

stdio ライブラリには、ターミナルに対し、読み書きするためのコードが含まれている。

3.Cソースファイルの最後には関数がある。

C コードは、関数内で動作する。

C プログラムで最も重要な関数

main() 関数

main() 関数は、全コードの開始点となる。

最も有名なC コンパイラ

GNU Compiler Collection (GCC)

gcc は、多くのOSに対応しており、C 以外の多くの言語に対応している。

【参照】

[`yahoo_users` not found]
Delicious にシェア
Pocket
Digg にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す