プログラム用語

[`yahoo_users` not found]
Delicious にシェア
Pocket
Digg にシェア
[`evernote` not found]

プログラミングとコーディングでは、意味が異なる。

プログラミング

ソースコードの入力だけでなく、どのような機能を、どうやってプログラムに持たせるかを考える作業(「設計」という)や性能などを検査する作業(「テスト」という)なども含む。

コーディング

ソースコードを入力する作業のことを指す。

スクリプト

本来は、「プログラム言語」とは違う意味で使われてきたが、今では、ほとんど同じような意味で使われている。

スクリプトは、小規模のもの、プログラムは、より大規模なものを指すことが多い。

*PHPで作成するものは、厳密には、「スクリプト」というのが適切である。

変数

プログラム実行中、一時的に記憶させておくもの。

定数

常に変化しない一定の値。

代入する

変数に値を記憶させることを「代入する」という。

ファンクション

様々な処理を記述するのが「ファンクション(function)」

パラメータ (引数(ひきすう))

functionは必ずすぐ後ろに括弧が付く。

この括弧内に入るのがパラメータ(引数(引数))である。

パラメータが2つ以上の場合は、パラメータ同士を,(カンマ)で区切る。

戻り値、返り値、返す

プログラムを実行した際、得られる値を「戻り値」または「返り値」という。

・「戻り値」が得られることを「戻り値を返す」などという。

 

随時、追加していきます。

【参照】

 

[`yahoo_users` not found]
Delicious にシェア
Pocket
Digg にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す